» 未分類のブログ記事

駐車場契約の必要書類

| 未分類 |

自動車は今や生活必需品となっておりますが、自動車を購入する際には駐車場を確保しておく必要があります。

ご自宅に駐車スペースがある一戸建て住宅などにお住いの方は特に必要がありませんが、マンションやアパートにお住いの方でしたら、自動車を購入する前に駐車場を確保しておく必要があります。

といいますのも、自動車を購入する際には、車庫証明をとらないといけないのですが、いくつかの条件がございましてまずは、自宅の住所から直線距離で2キロメートル以内であること、それから道路から支障なく出入りすることができ自動車全体を収容できるものであること最後に保管場所を使用する権原を有することという3つの条件をクリアする必要があるのです。

ですから、自宅に車庫がない人は駐車場のスペースを借りないといけなくなるわけですが、駐車場を借りる場合の必要書類として、車検証や免許証を準備しておく必要がありますのと駐車場の賃貸借契約書に捺印するために印鑑も必要となります。
その他には、不動産会社に駐車場の仲介を依頼したような場合には、前払いの1か月分の駐車場の賃料や日割り代金や敷金などの他に仲介手数料なども現金にて準備しておく必要があります。

 

 

月極め駐車場を利用している人は少なくありません。しかし、どこの駐車場を選ぶかによって満足度は変わってくるでしょう。
そこで月極め駐車場を選ぶ際には以下の点に注意したいと思います。
月極駐車場までの距離、月極駐車場の価格、月極駐車場の質です。
言わずもがな、自宅から駐車場までの距離が近いに越したことはありません。目安としては200m以内とされますが、雨の日や雪の日100mの距離を歩くのだって大変です。よって、50m、遠くても100mまでが理想です。
また、外せないのが料金ですね。
平均して月5000円くらいですが、田舎なら3000円程度で借りることもできます。ただ、相場は地域によって異なるので、周辺の月極め駐車場を比較して価格を比較してみたほうがいいでしょう。
そして、意外と見落としがちなのが駐車場の質です。
駐車場そのものと周辺環境はチェックしてください。例えば、車を傷つけられないようにシャッター付のガレージ駐車場にする、大家さんの管理とサポートがしっかりしているなど、また、路地の奥まったとこにあると他の自動車とのすれ違いが困難、周辺道路が時間により一方通行になるため不便という問題もあります。
注意点を理解しておけば、後悔のない契約ができるでしょう。

車を保管するのには家に駐車場があればよいのですが、無かった場合場所を借りて保管しなければなりません。
路上になど放置しては違反切符を切られてしまい、駐車場代以上にお金を取られてしまうため法的にも金銭的にもそのようなことはこのましくありません。

そのため、駐車場を借りなければならなくなってしまいますが、駐車場代というのも意外に大きな負担になるもので、できるだけお金を節約したいものです。
もし、現在乗っている自動車がそれほど高価なものではなく、イタズラをされたり盗難をされたるする心配がないのであれば、セキュリティが劣る分だけ安い駐車場を借りると経済面でお得です。
高級車などに乗っている人であれば、駐車場ひとつとってもセキュリティに気を使わなければなりませんが、車両自体にそれほど価値の無いものであれば、車上荒らしなどにあう可能性も低いだけに、安い駐車場でも十分なのです。
そこで、安い駐車場といえば青空駐車場などで、月極で料金を払うようなものです。
当然屋根がないので、雨ざらしになったり直射日光があたってしまうので、それが気になる場合は他を探すことになりますが、そのようなことが気にならなければ安くて済みます。

駐車場を選ぶにあたって注意する点は多々ありますが、防犯面を重視するにはどのような事に注意すれば良いか例を挙げて紹介します。まず、基本的な事から言えば、車内に貴重品を外から見える場所に置いてはいけないという大前提があります。カバンやゴルフバッグなどの高価な物は、絶対に車内に残してはいけません。
マンションや一軒家の駐車場だとしても例外ではなく、被害例は数多くあります。絶対に安全な駐車場は無いと考える事が犯罪防止に繋がります。
では、対策としてどのような事があるでしょうか。まず一つ目に、赤外線センサーなどでライトが点灯するようにする方法や、人感センサーでブザーが鳴る仕組みなどがあります。比較的安価で設置出来る商品も販売しているうえに効果があるので、オススメ対策の一つです。
防犯カメラを設置するのも良いでしょう。仮にダミーの物でも、何も対策しないよりははるかに良いでしょう。
要するに、犯罪者が嫌がる環境をつくりあげることが重要なのです。
駐車場での強盗や傷害事件の対策としては、警備会社に即時通報がいくシステムなどを利用するのが良いですが、あくまでそういった犯罪が起きにくい環境を選ぶ事が何よりも大切な事です。

 

駐車場選びのポイント

| 未分類 |

アパートなどの賃貸物件を借りる際に、駐車場が付いていない物件もあります。
そのような時には、自分で別の場所にある駐車場を契約しないといけません。
選び方のポイントとしては、自宅から近い場所はもちろんですが、自宅から離れていると目が届かないので、防犯の面で安全な場所を選ぶことが重要です。
理想的な場所は、大通りに面した所で人通りが多く、深夜でも街頭で明るく照らされた場所です。
しかし、そのような場所は月々の料金が高めです。
人通りが少ない場所でも、住宅街などの比較的人の流れの多い場所で借りると安心です。
また、死角になるような障害物がない広々とした場所も、防犯の上では安全です。
次に気を付けたいポイントは、駐車スペースに余裕がある駐車場かということです。
白線で区切られていない青空駐車場のような場所は、ロープで簡単に区切られているだけで隣りとの間隔が狭い場所が多く、また一人がきちんと停めていても、線を無視して停める人も中にはいるので注意が必要です。
出庫の際にスペースが取れない場所では、自分は気を付けていても、そのような迷惑駐車の車に思わず接触して傷を入れてしまい、被害者が加害者になってしまうというトラブルを引き起こしかねません。
特に学生街などは、免許を取り立てで運転に不馴れな若者や、契約の出入りが激しいため、契約した時には小型の車が多かったので広々としていて良かったのに、今は大型の車ばかりで出入りが不便だということも起こりますので、しっかり下調べをして快適な場所を探したいものです。

機械式駐車場の特徴

| 未分類 |

機械式駐車場は、土地が少ない都会や、駅周辺などの利便性の高い地域では収容台数が多くて便利です。
一方で、平置きに比べると、収容可能な自動車のサイズが、横幅・長さ・高さに加えて、重量まで性格に規制されています。

一口に機械式といっても、有人管理の有料駐車場から、分譲マンションの居住者駐車場のように自分で操作するものもあります。明らかにサイズが合わない場合は利用しようと思いませんが、機械式のパレットの上には載るけど、機械の仕様を超えているような場合は特に注意が必要です。
エレベーターの定員オーバーのように、ブザーで教えてくれればいいのですが、サイズオーバーのまま動いてしまうと、機械の故障や車両本体に深刻なダメージを受けることがあります。

最近、コンパクトカーで、車高が高くて室内空間が広いタイプが人気です。自分の車はコンパクトという思い込みで、高さの数字が飛びぬけていることを忘れないように注意しましょう。
有人管理の駐車場でも、自分の車は自分で守ると心がけ、サイズの確認には気を付けます。
また、車購入時に、販売店の営業さんに、”この車で機械式のパーキングで気を付けることはありますか?”と聞いておくと安心です。

自走式駐車場の特徴

| 未分類 |

自走式駐車場とは、その名前の通り、自ら走っていって車を停車させる駐車場のことです。
立体駐車場には、機械式と自走式があります。
機械式とは、車をパレットに乗せ、そのパレットを機械の力で移動させる方式ですが、それに対し自走式とは、機械の力を借りず、自ら所定の位置に停車させる方法のことです。
スーパーやデパート・大型ショッピングセンターに併設されている駐車場は、大抵がこの方式の駐車場です。
同様に自ら走って平面に駐車させる平地式とか、平置き式というものがあります。
これは建物内ではなく、敷地の一角に車を停車させる方式で、要するに青空駐車場があります。
自走式は、地べたではなく、2階建てや3階建ての建物の中に、駐車させるのが特徴です。
自走式の長所は、1)同じ色紙面積に、多くの台数を収めることが出来る、2)機械式の場合は、収める車の大きさや重さに制限があるが、自走式は殆ど制限が無いこと、3)機械式は管理費にお金が掛かるが、自走式は費用が安く済むことです。
では、自走式の欠点は無いのかというと、そうでもなく、まとまった駐車場のスペースがないと難しいことです。
地下に設けるとなると、建設コストがかかります。
車のオーナーの場合を考えますと、運転技術の未熟な者には、3階・4階とスロープを上がるのには、困難が予想されます。

 

平地駐車場の特徴

| 未分類 |

車を所有している者にとっては、駐車場選びは大事なポイントになります。
平地駐車場とは、一般的に平地にある駐車場のことで、ゆったりとしたスペースがありますので出し入れは楽です。
種類としては、1)舗装などが整備されている駐車場、舗装されていますので、泥で汚れるといった心配はないのが特徴です。2)非舗装の駐車場、非舗装ですので、値段が安いというのが特徴です。3)屋根付きの駐車場、雨の場合でも車が濡れることが無いのが特徴です。4)セキュリティを守るシャッター付駐車場等があります。
機械式や・自走式に比べ出し入れが楽であるというメリットがありますので、運転初心者にはお勧めです。特に、機械式が車種の制限があるのに対し、平地にある為制限が無いか、緩やかであることです。
反面路上駐車に近いので、1)他車との接触や、2)車上荒らしや、盗難の被害に遭う確率が高い、屋根付きの駐車場を除き、無人の場合が多いのが特徴で、防犯上の心配があります。3)太陽の照り返しがある、4)屋根付きを除き、雨の日には車が濡れる心配がある等デメリットがあります。
シャッター付きになりますと、防犯上の心配はある程度軽減されますが、シャッターの閉鎖に時間が掛かる為、出入庫に少々時間が掛かるのと、割高になるというデメリットがあります。

 

 

 

 

駐車場の様々な種類と形

| 未分類 |

駐車場と一言で言っても様々な種類があります。平置き駐車場と立体式駐車場、自走式駐車場と機械式駐車場があります。平置き駐車場は、地上でそのまま止める事が出来る駐車場です。屋根のないものとあるものがありますが、屋根のない形は青空駐車場と言います。立体式や自走式に比べると駐車した時の時間がかからないことにメリットがあります。また面倒な機械操作もありません。立体式駐車場は、何層にわたり駐車スペースを設けた駐車場の事を言います。同じ土地面積で駐車台数が確保できるので平置き駐車場に比べて、多く車を止めることが出来ます。立体式は入居者の多い高層階のマンションやビルで利用されています。自走式駐車場は、建物や鉄骨で組まれた複数階からなる駐車場の事を言います。平置き駐車場と同様に車に乗ったまま駐車することが出来ます。デパートやショッピングセンターなどの商業施設に多くあります。ビルやマンションの場合、地下や屋上にあることがあります。自走式は建物内にあるので、雨にぬれても汚れる心配がありません。機械式駐車場は立体式のように土地の有効化のために何層も重ねた駐車場です。車の出入庫の際には機械操作によって入出庫を行います。