機械式駐車場の特徴

| 未分類 |

機械式駐車場は、土地が少ない都会や、駅周辺などの利便性の高い地域では収容台数が多くて便利です。
一方で、平置きに比べると、収容可能な自動車のサイズが、横幅・長さ・高さに加えて、重量まで性格に規制されています。

一口に機械式といっても、有人管理の有料駐車場から、分譲マンションの居住者駐車場のように自分で操作するものもあります。明らかにサイズが合わない場合は利用しようと思いませんが、機械式のパレットの上には載るけど、機械の仕様を超えているような場合は特に注意が必要です。
エレベーターの定員オーバーのように、ブザーで教えてくれればいいのですが、サイズオーバーのまま動いてしまうと、機械の故障や車両本体に深刻なダメージを受けることがあります。

最近、コンパクトカーで、車高が高くて室内空間が広いタイプが人気です。自分の車はコンパクトという思い込みで、高さの数字が飛びぬけていることを忘れないように注意しましょう。
有人管理の駐車場でも、自分の車は自分で守ると心がけ、サイズの確認には気を付けます。
また、車購入時に、販売店の営業さんに、”この車で機械式のパーキングで気を付けることはありますか?”と聞いておくと安心です。